沖縄・離島看護師求人

 

移住したい人も、短期で働きたい人も

看護師の中にも沖縄や離島へ移り住みたいと思っている人は多く、年間3万人が沖縄へ移住していると言われます。ところが、Iターン組の多くは失敗して引き返しています。なぜなら、沖縄や離島に自分にあう仕事が無いのが実態だからです。

 

失業率が日本一の沖縄。そんな中でも引っ張りだこなのが、医療関係者。病院や診療所では、不足している看護師を募集しています。看護師や准看護師の資格を持っていれば、難なく受け入れてもらえるでしょう。特に離島医療では男性看護師の需要が大きいのも特徴です。

 

応援ナース制度を利用しよう

 

また、3ヶ月や6ヶ月などの短期間だけ離島で働きたい場合でも、応援ナースという仕組みを使えば簡単に就職先がみつかります。

 

紹介会社のナースパワーを利用すれば、引越し費用も支給されますし、家電付きのアパートも用意してもらえます。しかも、面接いらずの書類選考のみ。移住を考えている人も、まずは応援ナースに登録して、好きな勤務地を選んでしばらく働いてみてもいいでしょう。

 

僻地医療に貢献したいという人、リゾート気分で赴任して仕事とプライベートを両立している人、患者さんと身近に接することができてこれまで以上に成長できたという人など、良い経験になったという感想が多いです。都会では味わえないいろいろな経験ができます。

 

沖縄本島の病院へ赴任する「沖縄応援ナース」、奄美諸島・伊豆諸島・五島列島などの離島へ赴任する「離島応援ナース」があります。応援期間は、最低3ヶ月〜6ヶ月なので、沖縄、離島の看護師アルバイトや派遣を探しているなら、登録してみましょう。

 

 

実際に働いた感想や体験談も、ナースパワーのサイトで見られます。すみずみまでチェックしてみて下さい。

 

※全国に拠点があると宣伝している看護師求人サービスはいくつもありますが、沖縄県に拠点の無いサービスがほとんど。ナースパワーはちゃんと那覇市に拠点があるので安心です。

 

給料が安いのを心配する人もいますが、物価が安いので生活費がかなり抑えられるので大丈夫です!

 

普通に地元で求人を探す方は、こちらをご覧ください→看護師 紹介会社

奄美群島が正式名称。鹿児島と沖縄の中間にある島しょ群。一番大きな奄美大島をはじめ、加計呂麻島、与路島、請島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の有人島があります。人口は、12万人を切りました。65歳以上の人口割合が急激に増えているのも特徴です。そのため、人口が減ったとはいえ、医療の必要性は上がってい...
続きを読む
長崎には、対馬、壱岐、五島列島、平戸諸島、西彼諸島などなんと約600もの島があります。離島医療に関しての取り組みも進んでいて、長崎県病院企業団がさまざまな改革を行っています。看護師不足は大きな問題で、人口の減る中いかに医療の質を高めていくかが大切です。
続きを読む
スキューバやダイビングなどが趣味の看護師の方には、伊豆諸島や小笠原諸島の病院や診療所で働くのもおすすめです。離島には、医師が一人や二人しか常駐していないところもあり、看護師も不足しています。僻地医療ならではの、患者さんと間近で接することの出来る環境は、大きなやりがいになるでしょう。病院などの他、老人...
続きを読む
日本の人口が減少へ転じた中、沖縄県の人口は増え続けています。出産率が高いこともありますが、移住者が多いという理由も。住民票を移さない短期の移住も多いようです。その分、Iターンに失敗する人が多いのも事実です。文化の違いなどの理由もありますが、なんといっても失業率ナンバーワンの県です。つまりは仕事がない...
続きを読む